これからの授業

日本ではまだ黒板にチョークでの需要がメインとなっています。しかし、海外ではだんだんとデジタル化によってアナログで行う授業が減少しているのです。この授業のデジタル化を促進してくれているのが授業支援です。
古い考えの人は実際に鉛筆を使わなければダメ、ノートに書くから頭に入るというような考えを持っている人もおりますが、そのほうが成績は上がるというデータはありません。それに、アナログ作業を貫くことによってかかる手間のほうが大きな損失なのです。
全てを授業支援の力によってデジタル化すれば、これまで1番時間がかかっていたともいえるような雑務処理が全て自動化され、空いた時間をより子どもたちへの学習へ使うことが出来るようになります。
時間配分を大幅に変えることで、授業やサポートの時間を増やす、こうすることによってこれまで放置されていた子どもや、中々先生へむかって質問し辛かったというような壁もなくなります。

授業支援は小学校から大学までに及んでおり、その年齢や環境に最適な状態で勉強を続けていけるように、そして教員が無駄な時間を持たないようにプログラムが組まれています。
ネット環境が数年前に較べて圧倒的に整ってきているということもあり、多くの学校や親が授業支援によるデジタル化を認め、推進しています。
これにより、もっと細かく生徒のサポートが出来るようになり、授業の進行もこれまで以上に順調にいくようになるのです。

ネット環境

授業支援システムがここまで伸びてきたのには理由があります。それは学校や公共機関だけでなく、個人個人の家庭にもネット環境が整っているのが当たり前になったことが大きいです。

Read More...

授業支援システムの導入による大きな発展とその結果
Copyright© 2015 授業支援システムの導入による大きな発展とその結果 All Rights Reserved.